読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それでも生きていくんです

傾きかけた自営業の夫をパートで支える主婦の戦い

ほんとにうるさい銀行取立て



ちゃんと確認してください

銀行さんのお支払いはかなり厳しいのよ

そりゃあ、リスケしたわよ。

でもね、支払日の午前中からいちいち連絡しないで欲しいわ。

口座に入金した途端に、お支払いは大丈夫ですか・・・なんてイラっとくるわ。

f:id:maruyamakun9463:20170415100530p:plain

私も、おばちゃんパワーで

あーら、銀行さんともあろうものが

入金の確認も取らずに連絡していらっしゃるの?

なんてイヤミをいってやるの。

相手も負けじと

前日に入れておいて頂ければご連絡もしませんけどね

なんて返してくるから

あーら、銀行さんなんて最新式のオンラインシステム使っているんでしょ。

それともオタクはふるーいシステムなのかしら・・・

そう言ってやったわ。

どーせいやがらせで連絡してくるのよね。

もうなんだかそのせいで一日イライラするわ。

f:id:maruyamakun9463:20170415101202p:plain

 

最近、ちょっと気になっているの

まぁ、どっかの国からミサイルが飛んでくるのかも気になるわよ...

そうじゃなくってね...

とりあえず、このお話はフィクションですってことにしておこうかしら。

とある片田舎に老夫婦と独身の息子が住んでいました。

老夫婦の悩みの種は息子の嫁のことでした。

自分たちが生きている間に息子を結婚させたい...それが老夫婦の希望でした。

ある日、そんな息子のもとに外国人のお嫁さんがやってきました。

ただ、こんな田舎の暮らし、お嫁さんも大変だったのでしょうか、良くない噂が流れ始めます。

それからしばらくして、おばあさんがなくなりました。

おばあさんのお葬式からほどなくして、おじいさんの姿を見かけなくなりました。

何でも病気で入院しているとのことでした。

そのうち、その家の土地にアパートが立ち始めました。

見たこともない人々が出入りしています。

今度は、その息子の姿も見なくなりました。

嫁が言うには、借金があって都会に出稼ぎにいっていて、そのまま行方不明になったそうな。

f:id:maruyamakun9463:20170407104809p:plain

なんだかもうよくわからない状態です。

結局、家は外国人妻のものなのでしょうか...?

みんな関わりたくないので何も言いません。

だから何も知りません。

知ろうともしません。

 

宮部みゆきの小説じゃないんだから...

まさか、あのアパートの下から...

f:id:maruyamakun9463:20170406165314p:plain

ナイナイ。

あまり考えないようにしよっと。

なにせ、このお話はフィクションですから。

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

広告を非表示にする